エッセイ

エッセイ · 2019/07/01
先日、東京ビックサイトで行われたDESIGN TOKYOへ行ってまいりました。せっかくなので横浜で一泊。母方の地元なので私にとってとても大切な場所です。子供の頃、夏休みや冬休みに訪ねた「横浜のおばあちゃんち」。そしてまた、今の私の地元山梨もまた「甲府のおばあちゃんち」として訪れた場所。その後引っ越しなが~く住んでいますが、お恥ずかしながら子供の頃に感じたアウェイ感は何となく根底に残ったままなのです。「お国はどちら?」の問いに皆さまはどちらをあげますか?「月」とか「木星」とかをあげる方もいそう(*´▽`*)ほっとする場所、大切ですね。たまには帰りましょう~。

エッセイ · 2019/05/02
会いに行かなければならない人はいませんか?ふと思うその人に。このお仕事をしていると、「そういえばあの方はどうしているかな…」と思う時があります。そうすると不思議とその日に扉が開いたり、なんていうことも多々。それはとても嬉しい偶然です。しかし、先日はそうではありませんでした。ランチの準備をしながらふとある方のことを考えていると電話が鳴りました。共通の別のお客様から訃報のご連絡。日々慌ただしくついつい後回しにしてしまうけれど、私には今、会いたい人が3人います。見えない思いが交錯しているからこその、ふと思うその人に、会いに行きましょう。

エッセイ · 2019/04/09
1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」 2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」 3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」 4. 「友人関係を続けていれば良かった」 5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」 以上WEBより:ナースが聞いた「死ぬ前に語られる後悔」トップ5。 だいぶ前に目にしたこちら、本当にナースさんが聞いたのかはともかく、私は基本に立ち返るバイブルとしてデスクトップに貼りつけています。 今日は再びご自分の目標へとスタートを切る素敵なお二人が来店してくれましたのでなんとなく。 過去は全てその時の精一杯の証。未来はこれからですねっ。 ※画像はI画伯「私」

エッセイ · 2019/04/02
ランチタイムと片づけが終わるころ、サンキャッシャーの光の粒に出逢うこの時間。ほんの少しのスペシャルタイム。 情報にまみれ、知らなくても良い人々の日常まで垣間見えてしまう昨今。 第六感を思い出さなければ(だょ)。 それが一番正しい選択だから。

エッセイ · 2019/04/01
そこかしこ、綺麗ですね。 皆さまのお気に入りの桜はどちらですか? ふと現れた一人静かに咲く桜。 私はこんな桜が好きです。 最近街路樹を無残にバッサリ!というのを目にしますが、木の神、精霊のばちが当たりませんようにと思うばかりです。 桜の花の時期は瞬く間ですが、新芽が芽吹くのも楽しみですね。 穏やかな春の日を満喫しましょう!